6. 人に動きをつけてみよう


ぽねここんにちは!ぽねこです!
第6回目のテーマは「人に動きをつけてみよう」です。

前回描いた人物のイラストを元に、ポーズをつけたり動かしたりしていきます。体の向きや手足の位置を変えたり、時には表情を変えたりして、動きのある絵にレッツ、チャレンジ!

あいさつの動き

「おはよう」「バイバイ」
手の横にチョンチョンと線を入れると、手をふっているように見えるよ。
「おーい!」「やっほー!」
大きな声で呼びかけている感じ。両腕を上げてバンザイのポーズ。
「よろしく」「失礼します」
おじぎは顔を下に向けて前かがみの姿勢。両手をおなかの前で重ねます。
 
おじぎは横向きの方が描きやすいかも。顔を下に向かせて、体をカーブさせよう。

うれしいポーズ

「うきうき」「ルン♪」
両手をほっぺにあてて、片足を上げて楽しげなポーズ。音符を描くのも効果的。
「わーい!」「きゃっほー!」
両手を上に大きくのばして、両足でジャンプ!体全体でよろこびを表現させてみよう。

がっかりなポーズ

「ちえっ」「しょんぼり」
体を少し曲げて、肩を落とした感じ。手は真下に。小石をける演出でがっかり感をだそう。
「ガーン!」「どうしよう…」
手とひざを床について四つんばいのポーズ。頭の上に縦線を数本ひくと落ちこんでいる感じが出る。

座る

いすに座る
座っている絵は横向きの方が描きやすい。ひざを直角に曲げて。いすは最後に描こう。
体育座り
ひざが胸の高さにくるように脚を逆Vの字に曲げます。ひざを抱えるように手を描こう。
正座
脚が床と平行になるように描くと、座っている感じが出るよ。
 
正面の状態はちょっとわかりづらいかも…。描きやすい向きで描こう。

歩いたり、走ったり

歩く
腕を前後にのばし、脚は八の字に開きます。前足はつま先を上げ、後ろ足はかかとが上がるように描こう。
走る
体をやや斜めにし、腕を直角に曲げて手はグーの形に。脚は大きく広げます。汗をとばすのも○。
ダッシュ!
手足を前後に大きくのばし、髪の毛も横方向になびかせよう。影を離して描くと跳んでいる感じが出るよ。
 

ぽねこいかがでしたか?
今回は動きのある人物イラストを描いてみました。ちょっとむずかしかったかもしれませんが、動きがあるといきいきとしたイラストになるので、見る方も楽しいはず♪いろいろな動きを試してみてね。

さてさて次回は、いろいろな「動物」を描いていきたいと思います。あなたの好きなあの動物が出てくるかも…?出てこないかも…?次回もお楽しみに~!