5. プチかわ☆シンプル☆人物イラスト


ぽねここんにちは!ぽねこです!
第5回目のテーマは「プチかわ☆シンプル☆人物イラスト」です。今回はかんたんでちょっぴりかわいい人物のイラストを描いていきます!
 
人を描くのはむずかしそう…と思っている人も大丈夫!なるべく省略できるところは省略して、シンプルな線で描いていきます。頭・体・手・足を描きわければなんとか人に見えるはず!それではいってみましょー。

全身の描き方

かんたんな形を組み合わせて

まずは基本的な描き方から!

(1) 丸を描いて頭にします。中に目と口を入れます。丸はちょっとつぶれた形だとかわいいかも?
(2) 丸の下に三角を描いて胴体にします。縦長の三角だとバランスがよさそう。 ▽三角を丸に重ねるようなイメージが○。とんがりすぎると不安定に見えるかも。
(3) 三角の底辺から線を2本引いて脚にします。脚の先に細長い丸を描いて足に。
(4) 丸の少し下から、左右に線を引いて腕にします。腕の先にはハートのような形の手をつけてできあがり。 ▽横向きの場合は、目と口を片側だけに描いて、腕は三角の真ん中から線を引きます。足は両方とも同じ向きに。

ちなみに…胴体の三角の形はワンピースのイメージなので、この人物の描き方は女の子!男の子を描く場合は、胴体の三角を四角にして描いてね。縦長の長方形にするとイイ感じ。


完成!…だけど、これだとあまりに個性がないかな?ここからアレンジしていきましょう。

髪型を変えてみよう

このままではハゲてる人に見えちゃうので、さっきのイラストに髪の毛を描き加えましょう。

ほかにどんな髪型があるかな。ちがう髪形も描いてみました。

ボブ ロング おだんご パーマ
ボブ ロング おだんご パーマ

ファッションを変えてみよう

服が無地だとちょっとさみしいので、模様を描いたり、すその形を変えたりしてアレンジしてみよう。(ついでに髪型も変えてみました)

ファッション例1 ファッション例2
上半分をボーダー柄に。下はポイントで水玉を入れてみました。 全体を水玉模様に。すそのナミナミでアクセント!髪をリボンで結んでかわいく♪
ファッション例3 ファッション例4
肩のバルーンスリーブと腰のリボンがポイント!イヤリングもつけてみました。 ニットの帽子とワンピース。ニットは端に縦線を数本入れると質感がわかりやすい。

頭身を変えて描いてみよう

頭と体のバランス

頭の大きさはそのままで、頭と体の比率を変えてみました。ぐっと雰囲気の違うイラストになりますね。自分の好きな比率で描いてみよう。

4頭身 3頭身 2頭身
のっぽスタイル
頭1:体3の比率。すらりとした大人っぽい体型。
基本スタイル
頭1:体2の比率。今まで例として描いていたのはこの比率。
ミニスタイル
頭1:体1の比率。これくらい小さいと手足は線と黒丸でOK。

頭を動物にしちゃってもかわいい?

さっき登場したミニスタイルの人物イラストで、頭を動物に変えてアレンジしてみました。動物のキャラクターが手軽に描けるよ。動物の描き方はこちらのページも参考にしてね。→「7. かんたんに描けるかわいい動物

イヌ ネコ うさぎ ライオン
イヌ ネコ うさぎ ライオン

ぽねここのサイトのマスコットキャラクター、ぽねこちゃんもこの描き方です。


ぽねこいかがでしたか?
今回はかんたんな形で描ける人物の描き方をご紹介しました。丸や三角、点や線を組み合わせるだけでも、それっぽく描けちゃいますね。

次回は人物イラストの応用編。ポーズや動きをつけた人を描いていきたいと思います。次回もお楽しみに~!